読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後のマルマル

アニメ・ゲーム・声優などに関する我楽多雑文。研究者兼大学講師をやってます。

緑色

好きな色が決まってると、めっちゃ楽ですよね。

私は基本的に購入の決断が速い方なのですが、それは偏に「これ緑色だからこれしかねぇな!」と即断できるからだと思ってます。ほんともうさまさま。緑色を理由にその他の思考をすっぱり捨て去ることができるわけです。

ふと、自分っていつから好きだったんだろうと考えることがあります。
嘘です。ついさっき、ちょっと思っただけでした。
小さい頃は、青色の方が好きだったような気がしなくもなくもない。

 

私の偏愛といっても過言でもない好きは、おそらく豊崎愛生さんとの出会いが大きい、はず。
2010年代前後にアニメ「けいおん!」にハマった筆者は、川の流れの如く「豊崎愛生」さんという声優に行き着きます。ついでに、私の人間性もやばい方に行き着いてしまい、「豊崎愛生研究」なるストーカー的黒歴史サイト(誇り)を勢いそのまま立ち上げます。そのサイトの記事の一部は、当サイト「最後のマルマル」にも残っております(移管してきただけ)。

 

その豊崎さんのパーソナルカラーが「」であったこと、これが私のという色彩に対する偏愛のキッカケだったように思います。
彼女のライブグッズを買えば明白ですが、を基調としたものばかり。今でも部屋着として着ているライブTシャツも当然。グッズだけでなく、身の回りのものが緑色になっていったのもおそらくこの頃からですね。

 

そして、第二の契機。緑色が最早崇拝の域にまで達した要因。
これこそが、私がこよなく愛する「高垣楓」さんでした。

簡単に紹介してしまえば、「アイドルマスターシンデレラガールズ」というソシャゲに登場するアイドルの一人なのですが、なぜ私がこのアイドルの担当P(推しのアイドル)となったのか。
そう。それは、楓さんのパーソナルカラーも「」だったからです。

私が楓さんを選んだのも即断でした。
100人以上いるアイドルの中からなぜ楓さんだったのか。
運命とかそういうカッコイイものじゃ断じてなかった。悲しいことに。
単純にのイメージが強かったから、「この人でええやん!」という服を選ぶような気軽さで楓さんを好きになったような記憶があります。
(加えて、豊崎愛生さんとの共通点も多かった)

生れて初めての大型課金は勿論楓さん。
今でも鮮明に思い出せます。カードの名前は新の淑女。私の誕生月に実装されたガチャです。

f:id:kaede_verdure:20170119210703j:plain

↑めっちゃ。好き。


このカードが思いのほか安い値段で出てしまったのがいけなかった。
この後の私の課金人生を決定づけたのも楓さんだったことはまた別の話。
(ガチャは卒業してしまった模様)

 

何にせよ、この楓さんが決定打でしたね。
今日に至るまで、ずぅ~~~~~~~~~~っと緑色を愛し続けています。

そしてつい最近気が付いたこと。
私の誕生石が「エメラルド」なんですよね!midori
誕生石のことを今更知る無知ぶりはさておき、この偶然の一致にはいささか感動いたしました。

 

些細な出来事の積み重ねが、自分の中でとてつもなく大きな存在になっている。
そんなお話。