読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後のマルマル

アニメ・ゲーム・声優などに関する我楽多雑文。研究者兼大学講師をやってます。

少年よ、「寝取られ」属性を抱け

(※注意:以下、私が「寝取られ」属性持ちであったならば、という仮定のもとに書いた試験的文章です。)
(※「寝取られ」について→wikipedia ※性的な表現を含みますのでご注意ください)

「処女か否か、彼氏がいたのか否か」
という議論に対して私が思ったこと、徒然なるままに。

取り急ぎ・・
「議論するに値しない」
と私は一笑に付したいと思います。

別に、議論することに意味がないとかそういうことを言いたいのではありません。
私は「処女であること」「彼氏がいないこと」が豊崎さんの魅力であるとは思っておりませんが、人によってはそれが一番重要であるという考え方を否定するつもりもありません。
既に第一章でも述べましたように、個人が感じる或いは求める魅力というのは人それぞれであろうかと思います。

ここで「議論するに値しない」と述べたのは
「最初から向いている方向が違う」という点においてであります。

黒か白かが問題なのではありません。
黒であることに何の問題があるんだい?ということなんです。


以下、暴論を吐かせて下さい。

「アイドル〔芸能人含む〕好きな人は、「寝取られ」属性持ちであれ」

表現が正しくないのは重々承知しております。お許し下さい。

私は実際に自分をそう割り切って、ブラウン管の向こうの方々に好意を向けております。
気持ち悪いですか?それは重々承知しております。お許し下さい。


でも、「寝取られ」属性を有していると便利です。

当属性を有していない場合、
特定のアイドルが「誰誰と付き合った」「結婚した」「妊娠した」となると、少なからずショックを受けると思います。

当属性を有している場合、少なからず興奮します。

その興奮度は、自分がどれだけ当該人物に入れ込んできたか、愛情を注いできたか、時間と金をかけてきたか、に比例します。


成人を越えて尚、アイドルが好きな人って、大半は諦めにも似た何かをすでに認識しているのではないでしょうか。
付き合えること、結婚できることなんて天文学的数字パーセントあり得ません。
いつかは自分ではない他の誰かと付き合うんじゃないとかと、心のどこかで実はわかっているのではないのでしょうか。
(夢見がちな未成年の場合は、本気で思っている可能性が各段に高くなりそうなので、成人以降と限定しました)

それでも尚、その人を応援しようと思うのならば、「寝取られ」属性は持っておくべきです。
ショックを興奮に、を合言葉に。
(もともと破滅願望を求めている人は例外です。)

これまで私は、私のようにいい歳して自分より若い女性声優さん等を好きな人の大部分は「寝取られ」属性的なものを持っているものだと勝手に思っておりました。

でも、昨今の「処女か否か」「彼氏いたのか否か」の議論を見るに当り、
そうでもなかったのかと考えを改めることとなりました。
(勿論、このような議論をしている方々が全員未成年であるという可能性はありますが)

だって、「寝取られ」属性持ちであるならば「胸熱だぜ」の一言で終わるからです。

弱い人間は逃げ道を残しておく必要があると私は思います。

「私は愛生ちゃんの人間性が単純に好きだ」
「私は愛生ちゃんの歌う音楽が単純に好きなだけだ」
という人には関係のない話です。
そうやって虚勢を張れる人はいいんです。

問題は一人の女性として見てしまっている場合です。
女性的なもの以外の部分で自分をごまかせない場合は、「寝取られ」属性に逃げたっていいじゃありませんか。

過去、彼氏がいたとしても、処女じゃなかったとしても。
未来、彼氏ができて結婚して子供ができたとしても。



も う 何 も 怖 く な い 。


(以上、試験的文章終わり)


酷い文章でした。
近い未来に実際に結婚した場合、そりゃちょっとはショック受けると思います。人間だもの。

でも、過去はわりかしどうでもいいです。
「今」の豊崎さんが好きなので。
「昔」の豊崎さんを無理やり「今」に結び付けるのもどうかと思います。
だって、第一・二章で述べた通り、豊崎さんも成長して変わっているんですもの。
勿論、「昔」の話を聞けることは嬉しいことです!
特定の対象に対する知的好奇心は尽きる事はないのです。

すごくつまらないことを述べれば、ネット以外のメディアで偶像化された豊崎さんを愛でているのが一番なのかもです。おそらく、理想的な豊崎愛生像が受容できます。
(若干、「豊崎愛生研究」もそれを立証しているようなところも)

変にネットのディープな情報や他人の不確かな情報にふれて、幻滅するようなことがあるのであれば、それは大変もったいない気がします。
「知らぬが仏」って、本当に的を射た慣用句だと思います。