読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後のマルマル

アニメ・ゲーム・声優などに関する我楽多雑文。研究者兼大学講師をやってます。

2012年冬アニメ感想

アニメ

アニメ感想ぐらいしかブログ更新要素がない今日この頃。
豊崎さん研究するにも時間とやる気がない(おい)
「+α」と追加したのはそんな私の弱さの表れという結論。

【日曜】
輪廻のラグランジェ
おそらく狙ってやっているでろう演出にこれでもかと釣られています。
鼻につく演出か否かは結構微妙なラインで自分でも明確に定義があるわけではないのですが、当作品は肯定的な方向で受け止めております。
町の破壊を気にしながら戦う様は、10代後半頃に「ウルトマランが怪獣と戦うことで結果結構人殺してるやん」とドヤ顔で友人に語っていた私への皮肉たっぷりナイスアンサーでした。
個人的には百合展開でも申し分ないので(使い方違う)、どう転んでもいいです。
声優の石原さんの今後の活躍が約束されているのではないかと思ったのも当作品。

アクエリオンEVOL
前作未見ですが、十分に楽しめます。
コミカルなのが単純に最近の嗜好なのかもしれませんが。
気楽に見れるのが一番。だって、私はアニメを見て「楽しむ」ことを一番したいから。
勢いがあれば何とかなるというのはアニメだけにあらず。


【月曜】
夏目友人帳(四期?)
相変わらず安定して面白い。
シリアスすぎず、長すぎず、それでいて感動を誘う内容というのは貴重だと思います。
人ではない何かに心を揺らすことができるというのも、それがまた人間らしくて心地よいです。
個人的に、夏目君は本当に精神を病んでいるだけの人なのかもしれないと未だに思ってます。
「自分」を夏目君に置くか、それ以外に置くかで180度違った見方になるというのもまた、人間らしい残酷さが作風とともに滲み出ていて割かし悪くない結論だとは思っているのですが。一方で、そこまで捻くれる必要はあるのかというお叱りを受けそうでもあります。

ゼロの使い魔F
ハルヒ」「灰羽」「AIR」などと並び、私がこの世界に足をずっぽりと埋め込んだきっかけのような作品であります。それも、もう最後かと思うとなかなかどうして切ない。
演出やら何やらにおいて「古臭さ」が目立つような気がしますが、古参にとってはそれが何よりも良いのかもしれません。わかっててそう描写しているのでしょうから、わざわざ指摘するのもやぼってもんです(しちゃいましたが)。
ルイズに出会ってから、数年が経ち、フィクション界に一癖も二癖もあるヒロインが多数登場したせいか、ルイズの特異性が大分薄れたようにも思えます。当初は衝撃のキャラクターだったのですが。時の経過の残酷さもまた、人なりや。いえ、何かかっこいいこと言ってみたくなっただけなので意味はないですけど。

男子高校生の日常
「おいおい、また日常系かよ。女子から男子に変えればいいってもんじゃなくね?」と思っていたんですけど、結果その感想は100点満点で自分を誉めたいと同時に、なんだかんだで面白い。やっぱり、日常系が好きなだけじゃねーかスカポンタンと半分くらい思いました(つまり、スカポンタンとは思ってない)。
このノリについていける20代後半の自分をやっぱり誉めてあげたい。こういう作品をつまらないと思うようになったら、やっぱりそれもアニメ卒業時かなと思ったり思わなかったり。

【火曜】
ちはやふる
今期、個人的脳内ランキングの一二を争う作品です。
友人に色々思いのたけを述べてすっきりしたので、繰り返し語るのも面映ゆいのですがとにかく熱面白い。
ジャンル的には青春スポーツアニメだと思っております。
毎週毎週、泣かされ零す自身の涙が、アニメに感動しての涙なのか、自身が部活動で体験してきたこととの(思いの)交差から生じる涙なのか、はたまた部活動で「ちはやふる」のような(色々な意味でまともな)青春を送れなかったという意味での悔痕の涙なのかは私のみぞ知る。正解は「3:2:5」。
しかしながら、あまりにも真っ直ぐな作品(登場人物含め)なので、所謂アニメを好んで享受する層、すなわち平日の深夜に平気で起きていておならをしながら感想をネットにうpするような人間層に絶対的に好まれるかといわれれば答えは○○(正解はwebで)!
ちはやふる」と相反する位置にあるのが後述する「偽物語」であると私は勝手に思っとります。

・パパのいうことを聞きなさい
この時点で、感想執筆に疲れが・・・。
取りあえず既存の類似アニメと異なることがしたいという意気込みは伝わりました。でも、やっぱり可愛さだけでも十分です。私はまだこの手のアニメに食傷を感じておりませんので!まだまだ変化球は早い、と思ったのですが巷の評価はどうなんでしょうか。
今後結構、重い話にも繋がりそうですね。単なるヒューマンドラマ化だけはご勘弁願いたい所ですが。

・あの夏で待っている
おねてぃ」との関連性を友人から聞いた際、異様にテンションがあがったのですが、別になんてことない周知の事実であったことに苦笑いな作品。ちゃんと「おねてぃ」も放送してくれているMXは評価されるべき(他の局はしらん)。
OPの高架下に何故か異様なノスタルジーを感じて仕方がないです。このノスタルジーの正体は、喉のここら辺まで出てきているのですが、如何せん言語化できないというもどかしさ。老後は、緑豊かな中にある日本家屋でゆっくり過ごしたいと思わずにはいられない作品。みんな思っていることですよね、これは?

【水曜】
未来日記
私がヤンデレという属性を知ったのがこの原作作品でした。
ヤンデレの愛とは生物における究極の愛の形だと今まで思っていたのですが、厳密には究極の自己愛なんだと気がつきました。自己愛なくして他人を愛せないのはヤンデレに限ったことではないですが、やっぱり人間の醜さを隠すことなく衆目に晒すその一挙手一投足は美しいとしか形容の仕様がありません。醜さが美しいという、この一見矛盾にも見える点がまた人間らしくて血反吐が出るほどたまりません。
私の座右の銘は「矛盾や支離滅裂の肯定」なのですが、そのヒントを与えてくれた作品です。嘘だけど(本当に商標登録した方がよい)。

・another
「ホラー」と聞いて1話を見ずして断念しました。

【木曜】
テルマエロマエ
着眼点の勝利の一言に過ぎますね。正直、嫉妬を覚えるレベルでw
3回で終わるとことにも絶大なセンスを感じざるを得ません。

・ギルクラ
色々な要因があって視聴断念。

キルミーベイベー
やすな可愛いよやすな。
キルミーベイベーのOPを友人宅で繰り返し聞いていたせいで、時たま脳内再生されます。曲の売上も上々だと聞いております。そりゃ重畳だ。
あまりの中身のなさに、やすなの可愛さがこれでもかと浮き彫りになるという見事な演出。すごい、嫉妬を覚えるレベルで。

アマガミSS+
深夜2時半に「恋愛してぇ」と布団の中で叫んだ一品。
りほこが可愛いすぎて、また二次元にこもってしまうところでした。危ない危ない。もう20代後半だしそろそろ。
恋愛関連を扱った作品を見て恋愛してぇ!と思う人は結構いるかと思うのですが、逆にその作品が足枷になってしまうケースが後を絶たない・・・ってことはないのかしら。だって、あんなに可愛い女性がいることがまず奇跡ですし、あんなに運命的な出会いと展開が待っていることも奇跡ですし、ハッピーエンドを迎えられることも奇跡ですよね。奇跡の大安売りか!失恋のみを集めた作品が出てきてもいいかもしれません。

・ハイスクールDD
特に語ることはないけど、見てしまうという実は一番正解(真実)に近いアニメなのかもしれません。
あと、パンツ!

・なのはSS(再放送)
「人工デバイス萌え」にはたまらない作品。
ずっと見逃してきていつか見たいと思っていた作品だったので有り難い。
人工デバイスにもついても友人に思いのたけを伝えたのでここでは以下略。
それしても、思いの丈、伝え過ぎなのかもしれない、私。
今度は友人から「BBA萌え」についての講釈をお願いしようか。
映画第二弾も楽しみ過ぎです。


【金曜】
戦姫絶唱シンフォギア
今の処「ふわふわ」しているなぁというイメージ。つまりは、今後の展開如何という印象。
超絶面白くなりそうではあるし、そのままフェイドダウンの予感も。
関係ないですが、私はあおちゃんの歌声すっごい好きです。

灼眼のシャナ
ああ、こちらもいよいよファイナルですか・・・切なさが目に染みるぜ。
二期の前半が嘘のような展開の早さ。主人公とヒロインの対立は最早王道テンプレ化しつつもありますが、やはりいいもんですね。長い作品は、現段階の内容云々というより、綺麗にまとまって欲しいという個人的願望が第一に優先されるような気がします。古典的作品に寄せる感情に近いような。

ペルソナ4
衝撃の展開が待っている予感がぷんぷんです。
その時を今か今かと待っているのですが、待ったまま終わってしまったらどうしようかとも思ってます。

・妖狐×僕SS
りりちよ様を愛でるためのアニメという解り易くもツボを見事についている作品。
個人的に女性への無私の奉仕(実際は自己愛の塊)に憧れている自分にとっては羨ましさをも感じてしまいます。無私であるということに、私だったら「無私」であるという「こと(事実はどうあれ)」に快感を覚えてそれだけでイッてしまうのではないかとも思ってしまいます。あまりにも人間らしからぬ行為、だからこそ彼等のキャラクターは妖怪の血をひいているという設定があるのかもしれません。確かに、人で非ざれば無私の行為というのも或いは存在し得るのかもしれません。

・ラストエグザエル銀翼のファム
ビバ豊崎さん!なアニメ。好き嫌いは別として。
漫画版ナウシカを思わせるような世界観が好きです。所謂「萌え」ではなくとも、アニメはこれだけ面白いんだぞと。硬派な作品というと語弊がありますが、でも強ち間違いではない評価だとも思います。あらゆる表現の可能性があるアニメーションへの愛を育むにはぴったり。
最近は、作画への心配があったりなかったり。でも内容は間違いなく面白いので、今後の展開を素直に楽しみたいと思ってます。「変に穿ってみたくない」というアニメが増えてくれるのは素直に喜ばしいです。

【土曜】
偽物語
今期の大本命。
どれだけ大本命かと言えば、やるべき仕事をひとまず置いといて原作を全て消化してしまうぐらいには大本命です。
毎度のことながら、原作を読んだ際に頭に描いていた「絵」と、シャフトが描く「絵」がこれでもかと異なっていることに製作者側の愛を感じます。西尾さんが、作中で「アニメは平行世界」と言っていた意味も別の側面から首肯せざるを得ない。お風呂のシーンとかもうつっこまないぞ。
特に素晴らしかったのが羽川さんであることは言を俟たない。俟たさないし、別の評価を待つ気もないです。一生、羽川さんを好きでいた方が幸せかもしれないと思ってしまうレベル(嫉妬すらおきない)。でも羽川さんは、一方的にただ好きでいるというそんな楽な恋愛を決して許さない。羽川さんファンは誰しもがそしてそのことを知っているからこそ、この思いの表現方法や置き方がわからないのです。以上のように答えを落ち着かせてくれないのもまた羽川さんの魅力。
しかしながら、偽物語という表題作品において、本物である羽川さんが輝いて見えるのはまた歴然たる事実でしかない。ここは落ち着いて感想でも書いて整理しようではないかと思っていたら、いつのまにかamazonポチってました。恐ろしいわぁ。怪異だけに。羽川さんと製作者側への謝礼行為とすれば安いものです。

モーレツ宇宙海賊
監督名を知ったら期待しないわけにはいかない。
色々予想に反していて期待も高まるってもんです。