最後のマルマル

アニメ・ゲーム・声優などに関する我楽多雑文。研究者兼大学講師をやってます。

ライトニングリターンズ(FF13-3)


この話題、すげー今さらですが。 

正直、かなり嬉しいです。
FF13-2で完結してくれなかったことを除いても。

怒りというものに限らず、人間の感情は時間と共に風化するものであります。それを意図的に狙ったのかどうかは知りませんが、個人的にはナイスタイミングという感じ。

今、思い返すと、FF13シリーズは総体的に良印象なんです。
勿論、ストーリーは別ですがw(プラスDLCも)
システムだっTARI、世界観だっTARI、キャラクターだっTARI、音楽だっTARI…

FF13-2に至っては、時々やりたくなるような衝動にかられることも。
セラでネオボーダムを走り回りたくなるんです(あそこの音楽が特に良い)。
基本、一回クリアしてしまうと二回目はない、というような私のプレイスタイス的にはとても珍しいです。

ニュースサイトなどでLRFF13の情報を見ましたが、悪くないと私は思いました。
何よりも、ライトニングの完結(ハッピーエンドでしょう)が見れるという期待感。
FF13-2は何だったとのかという思いはありつつw
しかしながら、FF13無印から数十万人のプレイヤーを減らしつつも、続編を出してくれたことには素直に感謝したい気持ちです。正直、全く続編に関しては期待してませんでした。製作者サイドにおいては、何かしらの勝算があるのでしょう。楽しむ側の私には関係ありません、ただ楽しめればいい。それだけです。

発売は来年予定ですか。
自身の環境も大分様変わりしてるような気もしますが、LRFF13だけはやり切りたいです。
是非にも。