読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後のマルマル

アニメ・ゲーム・声優などに関する我楽多雑文。研究者兼大学講師をやってます。

ラブライブ、ラブ

アニメ


第11話の挿入歌「No brand girl」で今期不動の地位を私の中で築きました。


゚∀゚)o彡°ハイ!ハイ!ハイ!゚∀゚)o彡°ハイ!ハイ!ハイ!


たまたまオンエアー当日に秋葉で「START:DASH!!」を購入したばかりという偶然。
また、購入決定じゃないですか(ニッコリ)

今回の挿入歌は、前奏を聞いた瞬間にこれはキタナ!と思いました(小並感)。
絶対自分が好きな感じのあれやで、と思いました(小並感)。

未だ愛してやまない「けいおん」も〝曲が好き〟が〝けいおん最高!〟に短絡的にも繋がったわけですが、「ラブライブ」も同じような経過を(自分の中で)辿っているような気がします。
まぁ何だかんだ言っても・・・・女の子が可愛いだけでファイナルアンサーなんですけどね(ニッコリ)

勿論、曲もさることながら、ぬるぬる動く絵があってこそなのは言うまでもなく。
PV集なんか出してくれたら飛び付きます。
今回の「゚∀゚)o彡°ハイ!ハイ!ハイ!゚∀゚)o彡°ハイ!ハイ!ハイ!」のぴょんぴょんは反則的に可愛い。

ことりちゃん好きな私としては、端に追いやられてちょっと悲しかったりしますが、前回がことりちゃん推しだったので、やむなしですね。

手放しで絶賛できるアニメではないというのが正直な感想ですが、それらの批判を空の彼方にぶっとばすぐらいの勢いと愛がある作品だと思います。

久しぶりにお金をつぎ込んでしまうかもしれませんね。にひひ。

追記
カラオケで歌うあかつきには、「゚∀゚)o彡°ハイ!ハイ!ハイ!゚∀゚)o彡°ハイ!ハイ!ハイ!」の部分を中庸師にお願いするしかない(笑)